窮地に陥ってもルパン三世は笑う

神父様はいろいろな話をしてくれますが、

1.平均台の話と、2.ルパン三世は笑うという

話を紹介します。

平均台の上を歩いていると、落ちないよ

うに注意しますが、降りてみると自由に

歩ける世界があるという話です。

未知な世界を怖いと感じるけれど、

飛び込んでみると、恐れていた世界は

恐れる必要のない世界だったという

内容です。

この話は、斎藤一人さんもお話しされて

いたので、恐らく神父様は一人さんの話

を紹介しているのでしょう。

ルパン三世の話は、ルパンが窮地に追い

込まれ絶体絶命のピンチに立たされたとき、

ルパンは必ずこういうそうです。

「ますます面白くなってきた!!」と。

神父様曰はく、窮地と思われる状況を

面白いぞと考える事で、不思議な余裕が

生まれ、脱出する知恵も運も生まれる

そうです。窮地ウェルカムと捉えて、

どう対処しようかと、苦境を貴重な経験

に変えてしまうというお話です。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です