脳、私という他人。

脳というのは自分の身体の一部で、

自分がコントロールしていると

思っていたけど、最近、なんか

違うなって思う事が有ります。

交通事故にあった直後は自覚症状ないのに、

暫くしてから首が・・・、腰が・・・、

と後から症状が出るという話がありますね。

レントゲン撮影しても、特に異常は

認められなくても、本人が痛いのだから

やっぱり痛みの原因は存在すると。

実は、その痛みは、脳が造りだしている

と聞いたことがあります。

心理的にキツイ時や、ストレスが大きい時、

脳はそこから意識をそらすために、

別なところで痛みを感じるようにする

こともあるらしいのです。

本人は、痛みが気になり、

いろいろ手当てをしても治らず、

どうしてこんなに長引くのだろうか

と訝しく思っていても、犯人は脳で、

隠れて悪さをしているそうです。

因みに、脳に向かって、犯人はお前だな、

ちゃんと分かってんだぞ!と声に出して

脳に聞かせると、脳は驚いて、痛みを作る

のを止めるそうです。

また、脳は、自分がしゃべる言葉を

良く聴いていて、言葉通りの状況を

引き寄せると言います。

苦しい時に、最高!!、チョー幸せ!!、

俺ってツイてる!!、と言葉にすると、

そのような状況でないのに、

「そう言ってるんだから、

そうでないとマズイだろう!」という

ことで、現実にそのような状況を引き

寄せるそうです。

そうなると自分の中に別な人格がいるようで

少し気味が悪い気がしますね。

脳は身体の器官の一部だけど、自分とは

切り離された存在、独立して特殊な働きを

する器官ではないかと感じる訳です。

アンテナのような役割をする器官で、

自ら持っている波長に合った信号

ばかりを受信して、あたかも自分自身

が主体性を持って、自分自身の考えで

あるかのように思わせるような。

生き物だけではなく、モノにも特有の

波長があると言います。宇宙の法則では

同じ波長が集まる、群れを成す、固まる

というのがあります。

金持ちになりたいのなら、金持ちの

近くにいると、自然と金持ちになるとか、

自分の周りにいる人をよく観察すると、

やはり同じようなレベルの人が周りに

いるハズだと。

脳は、牽引の法則(望む、望まないに

かかわらず思うことを引き寄せる法則)や

潜在意識の力、そんな不思議な働きかけ

に関わっています。

少しお馬鹿のようでいて、実はとんでも

ない存在、自分自身の様で、全く自分とは

切り離されている独立した存在、

何かそんなことを感じさせます。

そう言えば記事を書きながら思いだし

ました。ある人が次のように言ってました。

脳に使われるな、脳の主人になれ、

脳に仕事をさせて、望むように生きよう!

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です