成功ではなく成幸を手にする

人は幸せになるために生まれたんだと

言います。いろんな経験を味わいながら、

幸せになろうと努力したり、

自分を高めようと、頑張ります。

一生懸命に頑張っているうちに

いつの間にか目的がごちゃごちゃになって、

自分の幸せが何だったのか、

分からなくなってしまいます。

「成功」を手にしようと努力して、

幸せから遠ざかることも有ります。

「成幸」に意識を向けて、

自分はどういう時に、どういう状態で

幸せを感じるのかはっきりさせましょう。

或る書籍に、「成功」とは好きなモノ

(こと)の近くをうろつくことでより

近づくと書いてありました。

でも、この「成功」を「成幸」の字に

置き換えるともっと分かり易いと思います。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です