怯えないということ

こんな記事があり、考えさせられる内容

でした。以下一部抜粋です

(yahooニュース2018年7月12日配信)。

『  ~ 稲冨氏は「林がサリンを撒いた

ことを自供した後で、『なぜそういうこと

が起きるんだろう』ということで私が聞

いたときに、彼が言った第一声は

『閉塞感』という言葉でした。

日本人は例えば、一つのコミュニティに

入る場合、一つのコミュニティの中で弾

き出されたら生きていけないという発想、

見捨てられるという恐怖、会社も

スポーツ界もそうです。

がんじがらめになっているんです。

『おまえ、これやらならきゃ

使わないから』と。

こういった傾向はまだまだ日本に出て

くると思います。宗教云々の同じ形態

では起きないかもしれませんが、

別のコミュニティが暴走することは

あるかもしれない」と訴えた。~ 』

全文はこちらです⇒『yahooニュースから

現状を端的に表現している気がします。

悪質タックル問題も連想しました。

人が集まるコミュニティでは、

会社でも他の組織でも、幾らでも

起こり得る問題です。根が深くて怖いです。

強迫観念に怯えることなく、

自由な精神で生きることを

選択したいですね。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です