時間の流れと自分の思い

今日は5月31日。確か先月4月の最初の記事は雪の中を

ワン公と散歩した記事でした。

関連記事はこちら⇒『自然の景色でスッキリ癒されます

現在は、周辺も田植えが終わり、

カエルの鳴き声が響き渡っています。

ほんの短い間に、いつの間にか様変わりしてます。

昨日気付くと、ツバメが玄関に巣を作っていました。

気付いた原因は、玄関に小さい卵が割れて落ちていたからです。

見上げると玄関の電灯の傘に巣を作っていて、

傘が斜めなので、卵が落ちたのです。

ヒナが孵ったら、やっぱり落っこちて来るだろうと、

L型金具と板を買ってきて、

巣をカッターで切って、板に乗せ換えました。

親鳥がチョロチョロその辺を飛び回っていましたが、

結局巣には戻って来てくれませんでした。

余計なことしたと反省してます。

明日戻って来ることを願ってます。

余談になってしまいましたが、時は淡々と過ぎて行きます。

先月は雪が綺麗だなんだと言って、

今月はツバメの巣がどうのこうの言ってます。

自分が行き着きたい方向に時間を使いたいのに、

何処へ向かうのか良く分からないまま時だけは流れ、

漠然と焦るようなこともあります。

与えられた時間を、いつもアクセル全開とはいきません。

でも、自分なりの歩みで前進すれば、

自分にふさわしい時間の積み重ねが出来ます。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です