何だかんだ言っても今は有難い時代です

もうだいぶ前ですが、遠藤周作さんの『沈黙』という本を読みました。

この本は処分できずに僕の書棚にありますが、

先日、この映画が公開されていたので見に行きました。

DVDはこちらです。

江戸時代のキリシタン弾圧を舞台にした内容です。

あらすじを簡単にまとめると次のような話になります。

本国のポルトガルにいた2人の若い宣教師は、

師とも仰いでいたフェレイラ(人名)が

布教先の日本で弾圧に屈して棄教したという噂を聞きます。

2人は、日本への布教活動と、

師でもあるフェレイラの噂の真偽を確認するため、

危険を承知で日本へ渡ることを決意するのです。

2人の若い宣教師たちは、難破船から中国人に助けられた

キチジローという日本人を伴い、長崎にたどり着き、

そこで隠れキリシタンに歓迎され、

布教活動を始めるものの潜伏が発覚して捉えられてしまいます。

長崎奉行は、宣教師の棄教が、キリシタンの棄教に効果的であると踏んで、

かつて棄教したフェレイラに合わせて、若い宣教師も棄教させようとします。

若い宣教師は直接フェレイラと会い、噂通り棄教した事実を知らされますが、

フェレイラが内面では決して信仰を捨てた訳ではなく、

表向きだけは棄教を装っていたという事情であることも知ります。

フェレイラ宣教師は、隠れキリシタンとなった農民たちが、

信仰を貫いて命を奪われることを疑問に思いはじめ、

このような事を神は本当に望んでいることなのか、

むしろ命を大切に保つべきで、そのために棄教を装うことを

神はおゆるしになるのではと考えたのでした。

フェレイラ宣教師の真意が分かってからも、若い宣教師は

棄教か殉教か果たしてどちらを選択すればよいのかと迷います。

棄教を装うに至る本心は、自分の命が惜しいための言い訳からではないのか、

心から農民を生かしたいとの考えから棄教しようとしているか。

・・・或は、純真な信仰として殉教の道を選択するべきか。

結局は、彼もフェレイラ同様、棄教を装いながら、

無駄に農民たちを死に追いやることが無いように、

生きる道を選びます。

信仰を捨てないために、惨たらしく殺されていく。

その間も、神は只々沈黙を守るだけ。

果たしてこれが愛と言えるのかと

壮絶な葛藤で苦しむという信仰をテーマにした内容です。

僕のご先祖様も隠れキリシタンでしたが、

映画を見て改めて、神を信じる覚悟のような気持ちを

持っていたことが分かります。

いつの時代でも戦争や流行病など、

何かしらの禍がありました。

キリシタン弾圧の時代もやはり暗い時代です。

自由が許されないというのは大変な暗黒です。

そう思うと、今の日本は何だかんだ言っても、

豊かで恵まれていて、

僕たちは恩恵をたくさん受けているんです。

有難いですね。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です