自分の好きな事が分からなくてもOK

自分自身が心から求めることって、

何故何故なかなか見つけられないのでしょうか。

自分が好きな事、心から求めてやまない事、

自分のことなのになかなか見つけることが出来ません。

僕がこれまで読んできた多くの本にも、

自分と静かに向き合って、心から望むことが何かを見つけましょう。

自分の内側に向かっていけば必ず誰でも見つけることが出来ると書かれています。

でも、見つけ出す前に時間はどんどん流れて行き、

日常に追われ、悠長に自分に向き合ってる時間すらありません。

あれもやらなければ、これもやらなければで、

それらが終わる頃にはクタクタです。

もう寝るのが一番の自分へのいたわり、

自分への優しさになります。

無理をしないで今日のところは寝ましょうと。

そうして一日一日が同じように繰り返されるだけで、

何も出来ていない自分が悲しくなるのです。

自分は一生懸命にやっているのに、

一生懸命に前向きに考えて、何とか現状を変えて、

自分が望む通りの人生を歩みたいと頑張っているのにと。

僕はそれで良いと思います。自分に真剣に向き合っている証拠です。

もどかしさに悲しくなるほど、凄く頑張っているのです。

どのように自分のワクワクが展開するかは分かりません。

私が心から望んでいることはこれです!

明確に見つけ出せたので、今日からこれをやります!

そういう人は殆どいません。

自分が心から望んでいるものは一体何だろうか。

答えがなかなか分からずに、ひたすら追い求めていたが、

気付くと、こういうことだったのか!と、延長線上にさりげなく

それに気付いた自分がいて満足する、

そんな感じの人が圧倒的に多い気がします。

だから焦らず、自分に向き合い、心からの声に耳を傾けましょうと

異口同音に言われるんです。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です