木彫り

昔、僕は木彫り職人になりたいと思ってました。

木彫りが大好きで、自分で彫ったり、集めていたりしてiいました。

今風に言えば変わり者のお宅です。

旅行に行くと必ず何かしら木彫りを購入してました。

旅行先も木彫りが有名なところを調べて行ったりしたぐらいです。

そんなことでは当然、部屋中木彫りだらけになります。

動物の木彫りがとても好きなので、購入するものも大体は動物ですが、

中には仙人とか、コロボックルとか、龍とか、いろいろなものがありました。

買うだけにとどまらず、自分でもよく彫っていました。

動物、妖精、アンデルセン物語に登場する人物や生き物、

サラリーマン、何でも有りで彫っていました。

17歳の時にテントと寝袋を自転車に括り付けて北海道に行き、

木彫り職人の家に連泊させてもらったことがあります。

木彫り職人になりたい話をしたら、彫ってみろって言われ、彫ってみました。

すると、俺の弟子になれって、ニコニコしながらいろいろと教えてくれました。

まだ高校生でしたが、高校を卒業したらその職人のところに行って弟子になると

家族と大ゲンカしたのを覚えています。

一昨年、長年飼っていた犬が死んでしまいました。

生前よくやっていたポーズを木彫りにしたのですが、

これが目に入る度に、あぁ、あいつ可愛かったなぁと思い出します。

私にも彫ってくださいと何度か言われたことありました。

可愛がっていたペットがいなくなった後、

生前の姿が思い出されるものが欲しいという気持ちが、

良く理解出来ます。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です