『おいしい学校』

北杜市に『おいしい学校』という所が有ります。

昔の小学校の校舎を利用して、

実際に使われていた懐かしい木の机と椅子で

給食も体験できる場所です。

移住してからずっと気になっていましたが、

“~その内に~”が伸びに伸びまして。(^_^;)。

国道141号線から『おいしい学校』へ続く道が伸びてます(案内看板もあり)。

その道に入ると、あとは『おいしい学校』まで一本道。

2kmほど道なりに進むと到着です。

ここは、明治、大正、昭和と、それぞれの時代に建造された建物が綺麗に改修保存され、ショップ、お食事処、体験コーナー、展示室などとしてオープンしてるんです。

先ずは楽しみにしていた懐かしい小学校の時の机と椅子で給食を食べてみます。

学校給食は昭和館で食べられますよ。

入口で名前と人数を記入し、暫くすると名前を呼ばれて案内されます。

11:30から案内開始で、それまでショップを見たり校舎を見学したりしてました。

当初は、実際に使われていた教室で食べるものとばかり思っていましたが、

実際は、こんな感じの小さめな食堂で食べます。

この食堂の横にそのまま畳のお食事処『和食 古宮』が続いていて、

こちらの畳で食べる事も出来ます。

『おいしい学校』のメニューは3種類から選びます(値段は全て1,080円~税込~)。

取り敢えず3種類注文してみました。

瓶牛乳なんて何十年ぶりでしょうか。

昔牛乳の紙のフタを取ろうとして、

指とフタを押し込んでしまい、

牛乳が飛び散ったことなど思い出します。

見た目はそんなにボリューム無いように見えますが、

食べると結構お腹いっぱいになります。

さて、お隣の大正館。

ここには体験コーナー、ワークショップなどが有るようでしたが、

ドアを開けるとし~んとしていて、

わざわざ靴を脱いで入るには何となく気が引けたのでパス。

なので良く分かりません。すみませんm(__)m。

続いて明治館。ここもスリッパに履き替えて入館します。

入館料大人200円、子供100円。

入館すると入口すぐ左側にはレトロなカフェが有ります。

入館すると直ぐに、「う~ん良く分からないなぁ」という

雰囲気のものが雑然と陳列されていて、

奇妙な木彫りやらが展示されています。

僕は木彫り大好き人間なので、一々詳細に見てたけど、

家族はスルーして2階に上がっていきました。

2階に上がると、ど~んと昔の教室が目に飛び込んできます。

???確かに昔っぽいんだけど、なんか昔っぽくないというおかしな空間で、

これが明治時代の和洋折衷なんだと妙に納得します。

この教室のほかにも、理科の実験室で使う人体模型だとか、

小学校の時に使ったリコーダーだとか、昔のそろばんだとか、

雑多なものが展示されていて、コンセプトが良く分かりません。

でも、独特の雰囲気は楽しめます。

僕は或る展示室で、ここの校舎をバックに撮影された

幾つかの古写真に見入ってしまいました。

大正時代のもの、昭和一桁の年代のもの、

当時の在学生や関係者が写っているんです。

一人一人の顔をず~っとみていくと、すごいイケメン学生がいたり、

髪型が今風だったり、今風の顔した女学生がいたりと、

ついつい引き込まれて、今も昔も全然変わんないんだなぁと感じました。

明治、大正、昭和初期なんて、ここは今よりももっと田舎だったろうに、

こうやって学生たちが集い学び、

現代っ子と同じように過ごしたんだろうなぁと。

ちょっと前に放映されていたTVドラマ『仁』の最終回を見終わた感じ。

改めて校庭に出ると、確かに古写真に写っていた校舎で、

この角度からここに並んで写真撮影したんだなぁと更に感慨深くなりました。

そのあと移動して『道の駅 南きよさと』へ、鯉のぼりを見に行きました。

先日通りかかって休みに改めて家族で来るぞ~と決めてたので記事が重複します。

関連記事はこちら⇒『鯉の大群が泳いでいます ~『道の駅 南きよさと』~

ゴールデンウィークに入ったこともあって、

今回は駐車場が満車で、なかなか止められませんでした。

大勢の家族連れで大変な賑わいでしたよ。

緑と風と、空を泳ぐたくさんのこいのぼりは、気持ちよかったです!。

『おいしい学校』と『道の駅 南きよさと』はすぐ近くです。

セットで見ても短い時間で面白い体験ができます。

【おいしい学校】

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です