笑いの効果

人は1日に6万個程のことを考え、

そのうちの95%は昨日と同じことを考えているそうです。

しかも考えの85%はネガティブなことだそうです。

毎日繰り返し考えることの殆どが

ネガティブなことっていうのは怖いですね。

無意識のうちに潜在意識に

マイナスのことを送り込んでいます。

僕が子供の頃に『サスケ』という忍者

の漫画がTVで放映されていました。

昔の漫画で、今は知らない人が多いのではないかと思います。

ある日放映されたストーリーが凄く意味深でした。

2人の尼さんが山で道に迷い、焦り始めるのですが、

焦りを自覚した彼女たちは、

“笑いタケ”というキノコを探し始め、それを食べるのです。

すると2人はケラケラと笑い始め、

和やかに談笑しながら無事に下山するという内容でした。

焦りや恐怖に襲われるとより深刻な状況に陥るけど、

笑って緩やかな気持ちになることで窮地を脱するという内容です。

アニマル浜口さんが、ワハッハッ、ワハッハッ、

とやっているのを見るとこちらまで笑ってしまいますが、

笑いは凄い効果があることが知られていますね。

笑っていると、脳は「あぁ、可笑しんだな。楽しいんだな。」

と錯覚して、笑いと現実を合わせようと、

本当におかしくて楽しい状況の現実

を引き寄せるといわれてます。

牽引の法則といわれる現象で、

笑いで現実の幸せが引き寄せられるのです。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です