八ヶ岳中央農業実践大学校のアイスクリーム。好きです!

北杜市は山梨県の最北端にあります。

標高も高く面積の約80%が森林で占められていて、

どこに行っても大自然に囲まれます。

遊びに行く場所には事欠かず、

お気に入りの場所というのが幾つか有り、

八ヶ岳中央農業実践大学校という所もそのうちの一つです。

北杜市方面からここ八ヶ岳実践農業大学に行くには、

通称『鉢巻道路』と言われる道路を使います。

この道路は八ヶ岳の標高1200M^1500Mを走るので、

ドライブするには大変気持ちの良い道路ですが、

冬はまるでゲレンデを走っているように

真っ白でコチコチの道路となり、

大変気を使う道路でもあります(-_-;)。

僕らがここへ来ると、売店の周辺をチョロチョロするだけなので、

敷地が一体どうなっているのか実は未だに良く知りません。

売店の目の前には広大な芝生の広場があります。

ドッグランのように使ったり、寝転がったり、

シートを敷いてくつろいだり、

それぞれが皆ゆったりと過ごしています。

以前にここへ遊びに来た時は、ここで気球を飛ばしていました。

柵に囲まれた牧草地では、牛が放牧されています。

豚や羊やいろいろな家畜も飼われているようです。

駐車場の奥には草花の売店が有り、

結構な広さのハウス内に、沢山の草花が売られています。

売店では地元で採れた野菜、ジャム、乳製品なども売られています。

値段はどうでしょう?でも地場の野菜なので新鮮で

体に良いんではないでしょうか。

ここの一押しはアイスクリームで、それはそれは絶品です。

濃厚だけどさっぱりした後味です。

何が良いかというと、アイスクリームの固さです。

固いのです。凄く。

舌触りだの何のと媚びた感がありません。良い材料を使用し、

素材を活かしたアイスクリームを作ったらこうなりました!

と感じさせる頑固なアイスクリームなのです。

アイスクリームは食べているうちに溶けるもんですが、

溶け方も、全体が柔らかく溶けるのではありません。

表面だけが溶けて、中はいつまでもカチカチです。

でも、かき氷のような代物ではなく、

ちゃんと硬いアイスクリームなんです。

売店でアイスクリームを買うと木製のスプーンをくれますが、

もらった木製のスプーンでは歯が立たず、なかなか食べれません。

とにかくじれったい。早く食べたくて無理をすれば、

木製スプーンは簡単に折れてしまいます。

仕方ないので、ちょびちょびと表面を引っ掻いて

食べることになりますが、これがまた楽しいのです!(^^)!。

アイスクリームの種類は笹、チョコ、バニラ、抹茶が有りますが、バニラがお勧めです。

笹などは珍しいと思いますが、笹っぽい風味がして、ん~?微妙という気もします。

以前紹介した「まきば公園」とここ「八ヶ岳中央農業実践大学校」は

それぞれ違った雰囲気があって、どちらも気持ちの良いところです。

お子さん連れにも良い場所です。

大変気持ちの良い所ですよ。是非行ってみて下さい。

【八ヶ岳中央農業実践大学校】

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です