田舎暮らしがしたくて北杜市に移住する

僕は横浜生まれの横浜育ちで、

横浜から出て暮らしたことは一度も有りませんでした(旅行とかは別です)。

横浜はとても良いところだと今でも思います。

でも、当時は都会での会社員生活に疲れてもいました。

自然豊かな暮らしの中で、もっと自分にも向き合い、

流されっぱなしの毎日から自分を取り戻したい、

いつもそんなことを考えていました。

田舎暮らしはしたいけれど、

実際どのようにしたらそれが可能なのか、

堂々巡りで、なかなかはじめの一歩が踏み出せずにいました。

僕は悩んだ末、家内にも相談しましたが、

家内は、「いくら考えても解決できないことは沢山あるよ。

先に行動して、それから直面する問題を解決しようと頭が働き、

初めてアイデアが生まれ、道が開けることもあると思うよ。」と諭してくれました。

こうして僕は、家族と共に山梨県北杜市に移住してきました。

今から3年前です(2014年に移住)。

北杜市に憧れて移住したわけですが、

北杜市はとてもよいところで、

本当に移住して良かったと思います。

北杜市は山梨県の最北端、長野県との県境に位置し、

八ヶ岳南麓の冷涼な高原地帯で、市の面積の80%は森林です。

八ヶ岳や南アルプス、そして富士山の眺めも素晴らしく、

空気も澄んでいて、きれいな水に恵まれています。

夜空に輝く星は、都会では見ることがない輝きと数で、

始めてみた時はビビりました。怖いくらいです。

こんなに自然に恵まれた土地にもかかわらず、

交通の便も良く、東京・横浜から2時間チョットで着いてしまいます。

日本には良い所が沢山ありますが、

北杜市も、間違いなく凄く良い所だと感じています。

スポンサーリンク
人気ブログランキング

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です